ここからだ湘南第3回発表会 和やかに開催

5月13日(土)は、声(え)ととばをからだで磨く、ここからだ湘南の発表会でした。

当日は、豪雨の予報が出ており、朝はあいにくの空模様が
直前のリハーサルをする別会場の窓から見えています・・・
その荒れた空の様子が、「ネリ(発表会初参加のメンバー)のお話にピッタリですね!」
なんて笑ってしまいました。
そう、豪雨のなか、ライオンの家に雨宿りさせてもらうヤギの話だったのです。
この雨に出かけるのを断念されるお客様もいるのでは、と心配しました。

でも本番前にはあめもあがり、
お客様も集まり、楽しい会となりました。
昨年も来てくださったお客様が何人もいらして、
『リピーター』のいる発表会になったことが嬉しかったです。

日本の昔話やグリム童話た珍しい世界の民話や児童文学、そして有名バレエの物語 を
聞いていただきました。

ご来場くださったお客様、
今回は裏でご協力くださったメンバーの方々、本当にありがとうございました!

アンケートにも、それぞれの個性が生きた上演で楽しかったと、お褒めの言葉をたくさんいただきました。
出演者の皆さん、お疲れ様でした!
日々の暮らしの中で、表現の時間を割り出し、練習した甲斐がありましたね。

私はこの面白さにメンバーにも語ってもらいたい『茗荷宿』と、随筆『私の浅草』をよみました。
茗荷の美味しい季節に、落語にもなっている愉快な話で、笑っていただきました。
f0213787_4252969.jpg



さあ、次は東京メンバーの発表会。

6月3日(土)15:30神楽坂の赤城生涯学習館で開催です。

エッセイや詩や児童。小説を、その人ならでは語りで。
知る人ぞ知る面白い作品ぞろい。

私は町田康氏の新訳で宇治拾遺物語の大人にしかわからない『こぶとり爺さん』を!?
これが「踊りとは何か?」をとても的確に表現する会話があるんです。
ダンサーでもないのに町田氏はなぜこんなことを書くのか。
さすが元パンクロッカー。シビレマス。

そしてまだまだ茗荷の季節なので『茗荷宿』も、聞いていただきます。
ぜひお越しください。




f0213787_4304475.jpg
#IMAGE|f0213787_4304475.jpg|201705/26/87/|mid|1920|1080#]
f0213787_4311722.jpg


f0213787_432081.jpg


f0213787_4324176.jpg

f0213787_4333151.jpg

f0213787_433456.jpg


[PR]
トラックバックURL : http://tadahitori.exblog.jp/tb/27840353
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by カイコ at 2017-06-02 11:24 x
6/3の東京ここからだ発表会は、晴れそうですね。がんばらねば…。
by tararankeiko | 2017-05-26 04:38 | ワークショップ報告 | Trackback | Comments(1)

劇・語り・歌・おいしい物を作り味わう記録。コメント待っています!


by タララン