<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 先週からパソコンが壊れている。
比較的使わない1台を家族から借りつかっているが、
自分のPCにあるデータが使えない上に、
おまけに置き場所がろうかの突き当たり。
PC本体を置きその上にモニターを置いて、キーボードは廊下の板の上。
肩凝って足しびれて、助けてー。
ということろに座るだけで背筋がピン!低反発円座クッション「座(ザ)・クッション」を10名様に!
というモニターを知る。
最近おやま治療院というよい整体にめぐりあい、
背骨が伸びてとっても立っているのが気持ちよくなっていただけに、
こんなことでもとの木阿弥になりたくない、クッション助けてください。
7座るだけで背筋がピン!低反発円座クッション「座(ザ)・クッション」を10名様に!
[PR]
by tararankeiko | 2011-06-26 18:45 | エセ暮らしの手帖・モニター志願 | Trackback | Comments(0)
バジルの苗を2週間ほど前に買った。
ベランダで触っているとあのイタリアンなさわやか香りが部屋のなかまで漂う。
f0213787_17262344.jpg

f0213787_17262385.jpg

バジルの苗

 菜園と呼ぶにはいかにも小規模。
だが、先端を摘み取るとわきから芽がどんどん伸びる。
2日に一度くらい、3、4人のトマトサラダに刻んだものを入れたり、
ピザに飾るくらいなら間に合うくらい成長してくれる。

 園芸慣れしていないので、一番つやつや青々とかわいい先っちょを
摘み取るのは最初は勇気がいったけど。
 取った付け根のところから、「次は私の出番です!」と、
大きくなってくる。
思わず、潔く斬れば次の成長が待つのだろうか・・・
ああ自分の生活もかくありたいと思う。
摘み取った1本を水につけて根が出てくれば、挿し木(さし草?)で増殖する予定だ。

 
娘と私で「今日もうちバジ使う?」と楽しんでいる。
今日はバジルポテトにした。

フライパンにオリーブ油を熱し、電子レンジか鍋で柔らかく蒸したジャガイモを入れて焦げ目をつけ、
バターを少し加える。
最後にバジルの刻んだものをジャガイモの上に散らし、軽くひと混ぜし塩を振るだけ。
加えるのをパセリのみじん切りにしても、美味しい。
家族の希望でパセリも1鉢買いました。
今年はこれで農薬など心配しないバジルとパセリ料理を楽しむつもり。
[PR]
by tararankeiko | 2011-06-26 14:07 | 「う」の引出(う=旨い) | Trackback | Comments(0)
 6月25日夕刻から開催の『詩のボクシング』[前期]全国大会に出場することになった。
「詩のボクシング」とは、リングに見立てたステージ上で、2人の朗読ボクサーが交互に自作品を身体全身を使って朗読し、どちらの声と言葉がより観客=他者に届いたかをジャッジが判定する「声と言葉のスポーツ」、「声と言葉の格闘技」。*「詩のボクシング」公式サイトより。

 ネットで応募項目に書き入て送信後、主催側から公演や朗読経験の有無の問合せがあった。そして出場内定。 16人の出場者のトーナメント戦だ。
他の出場者はどんな人なのかな?と、ネットで検索し始めたら、過去の県大会や全国大会の覇者が名を連ねているとわかってきた。
初参加であっても学校で開かれた詩のボクシングの優勝者だったり・・・。
怖くなって途中で調べるのをやめた。 

何かの間違いで私は内定したのか? 
でも得た機会はもう返しません。ああこの感じ、大学入試発表の時と同じだ。 

 詩の朗読発表なんて初めてだ。
いわゆる「詩」作なんて小学校以来かもしれない。
どうなる私。いわゆる「アウェー」だ。
「四面楚歌」なんていう漢文(高校時代苦手でテスト25点だったことあったかも)の熟語が頭に浮かぶ。
いや、待てよ。いまや組織に入らずフリーの俳優の私には「ホーム」があるわけじゃない。
出身は関西といっても家(ホーム)があるわけではない(地震で更地になったままの土地にも何年も訪れてもいない)。
今いるこの土地にも疎く横浜市民の自覚は薄いが、住んで10年以上になる。
全国から集まるほかの人からすれば、会場の関内と同じ横浜市内からの参加する私は地元民だ。
そしてジャンルは詩でなくても、声を届かせることに魅力を感じ続け、
観客の方々に台詞という形での発信をする場にさんざん立ち会ってきてもらったじゃないか。

「心に届いたほうが勝ち」という審査基準。
誰にとっても届けるのは、目の前にいる人々。
そしてその相手のなかにいる自分(と共感してもらえる部分)。
自分に届かせることだ。自分を納得させるのは難しい。
何をどう届かせる?

 どうやったってないものは出ない。
なけなしのありったけのものをからだを逆さに振ってでもだせたら。
自分の小心さ、ずるさを味方にするしかない気がする。

応援してもらえるとうれしい。
[PR]
by tararankeiko | 2011-06-18 03:49 | 今後の出演情報 | Trackback | Comments(1)

DanceLiveが、全編Youtubeに

 5月11日,慶應義塾大学で行われた黒沢美香&ダンサーズDanceLiveが、Youtubeにアップされました。
ほぼ全編!!をご覧になれます。

 画像の冒頭には開場前のダンサーズ恒例の円陣での気合入れシーンも!
続いて開幕し、2分半頃、髪をアップにし黒いレースのブラウスにキュロット姿で、長い棒を持って登場するのが私です。
日常稽古風景での指導者。のような「役割」とは言えおこがましい。
スタートから12分経過後の『ブラジル』という作品にも、
声(ことば)を発しながら登場し踊ります
(ただし、ガラス張りの吹き抜け会場でマイクなしですので、画像では
残念ながらほとんど聞ききとれません008.gif)。

 他にも、慶應大生によるダンスも、目を見張りました。黒澤美香さんの振付と指導(数回だったそうな)で、
各自が短い時間しかダンスに接していないとは思えない堂々とした「自己」を魅せてくれます。
慶應大生のイメージがぶっ飛びました。
教授たちも参加071.gif。英語で狂言回しをしている女性も、俳優ではなく先生。
からだで主張も同意もする『三日月会議』を繰り広げ、あっぱれです。
美香さんのソロももちろん観れます。ラストの群舞『ハチャトリアン』も圧巻053.gifなのでお見逃しなく(多田は出ていません)。
慶應大HPにも何点か写真記事がアップされています。
[PR]
by tararankeiko | 2011-06-15 01:59 | 今後の出演情報 | Trackback | Comments(0)

劇・語り・歌・おいしい物を作り味わう記録。コメント待っています!


by タララン