<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

梅に鶯の心地よさ

2週間くらい前から鶯が鳴き出した。
里山が近いので、家のすぐ近くの藪から、毎年この頃に聞こえてくるのだ。
本当に可愛い声で、聞くだけでその日が良い日になる気がする。
声、音の力。人の感覚に春を生む。

近くの家々の梅も満開。桜より色も形も香りも、はかなすぎずほっとする。
桜は桜で好きだけど、梅に親しみを感じるのはなぜだろう。
2月生まれで幼稚園の時に梅組だったからか?
色かたち、香りの力。冬にこもった人たちを外に連れ出すほどに。

ああ、ありがたい。毎年変わらず美しい鶯の声と梅の花香。
ああ、かなし、変わっていく私の… 「うつりにけりな、いたづらに」
いやいや、いつだって今が一番若いのだから。今年の春をつくろう。
[PR]
by tararankeiko | 2012-03-25 01:35 | ただ、いま(多田の今この時) | Trackback | Comments(0)
13日は娘の小学校卒業だった。
アンティーク着物を紺袴にあわせての晴れ姿。
f0213787_23447100.jpg



会場の体育館に入場する先頭は知らない男子だったが、
前を向いてすっすっと歩いて進む姿は、
観ていると胸がアツくなった。

これまであまり考えたことがなかったが、
節目があるって、いいことなのだろう。
前に行くも振り返って戻るにも、節が手がかり足がかりになってくれる。
いろいろ卒業した大人の節目は、
ソウサク(捜索?創作?)しなくてはいけない。

 さて、久しぶりに炊いたお赤飯は、もっちり美味しくできました 。
うるち米と餅米を同量力鍋にかために煮た小豆と塩を加えて。
f0213787_2344786.jpg


母親フーズのえびのすり身とわかめと菜花のお吸い物も。
砂糖もみりんも入れていないのに、すり身がとても甘みがある。
いい加減にスプーンですくって団子にしたいびつな形だが、
しあわせそうな桜色。

 昨年の卒業生は地震直後で在校生の出席なしになり、さみしかったそうだ。
被災地では卒業式を迎えられなかった人も多いことを考えると
ありがたい節目の一日でした。
f0213787_215267.jpg

[PR]
by tararankeiko | 2012-03-16 02:01 | Trackback | Comments(0)
 活弁発表会から早1週間。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
十年以上前からずっと私の舞台を観て下さっている神戸のトッコさんや
だるま食堂の皆さん、家族にも聴いてもらえ、本当に有難い日でした。

そして休憩時間に「あなた、『瞼の母』やった多田さん?」と
声をかけてきてくださった見知らぬ男性。
「いや、良かった!もうプロとして澤登さんといっしょに(巡業に?)まわったらいいよ」と
澤登さんが20代の時から弁士活動を見守っている方から、
私にとっては最大級の賛辞をいただき、恥ずかしくも嬉しかったぁ。

終了後の茶話会では、講座でご一緒した方のお仕事や趣味を知って
驚いたり親しみを感じたり。
まったく知らないいろいろな境遇や仕事や地域の人が
出会ったことを改めて面白いと思いました。
そして2二次会でも無声映画はもちろん映画というものに対するアツい想いが
次々とあふれる参加者と澤登先生の様子にほろ酔い・・・。
これでお別れしてしまうのが切ない気がしました。
それでリピーターが増えていく講座なんだなあ。きっと。

澤登先生には、当日もリハに対しても丹念にご指導いただいたばかりか、
公演後の茶話会の時にまで求められると深いところまでご意見いただきました。
古市場の担当職員の高橋さんのご尽力と優しさにも感激の講座でした。
[PR]
by tararankeiko | 2012-03-10 23:52 | 今後の出演情報 | Trackback | Comments(2)

春を告げるクロッカス


f0213787_23191840.jpg

先月末の寒い日に、相模原駅近くで買ったクロッカス。1株125円×2株。
ちょっとあったかくなるたびに、頬っぺたをふくらまし、風船のように丸くなる蕾が可愛い。
最近読みかえしている、小学生の時に愛読したバーネットの「秘密の花園」にも登場する。
自然も人も愛したことのない少女メアリーが、死んだような庭に芽吹き花を咲かせたクロッカスに地面に伏してキスしてまわるシーンを見つけ嬉しくなった。
春の期待に胸ふくらません。
[PR]
by tararankeiko | 2012-03-08 23:19 | ただ、いま(多田の今この時) | Trackback | Comments(0)
またまた活弁発表会の追加情報です。
1月に私を含め発表会メンバーから数名が活弁のミニ発表会に参加しました(1月のブログ参照)
その時にの客席からいただいた感想をば。

活弁による無声映画初めてでしたが大変よかった。
アマチュア弁士とは思えぬ程皆さん素晴らしい。
それぞれの個性がひかっている。
楽しく鑑賞させていただきました。
古い映画も生き生き見れました。
弁士ごとに雰囲気が違ってよかった。
子どものころ見たドリフタ―ズみたいなストーリーものもあって面白かったです。
それぞれの方が個性的に語られ、素晴らしい!
 
本番である日曜日には、5分ほどのアニメ「のらくろ」から
上映1時間の「沓掛時次郎」(切ないよ)、コミカルな洋画12分など。

会場の古市場文化センターは門前仲町が最寄り駅ですが、
駅から近い富岡八幡ではその日骨董市も開かれます。
お楽しみに~
[PR]
by tararankeiko | 2012-03-01 15:51 | 今後の出演情報 | Trackback | Comments(3)

劇・語り・歌・おいしい物を作り味わう記録。コメント待っています!


by タララン