<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

f0213787_1225519.jpg

5本指靴下を手にはめて、しばし感慨に…
外反母趾で内反小指の私の足で奉仕し続けた…ありがとう靴下。捨てようか、指先は繕ったがまた切れそう。
指先を切りとりダンス稽古用にして旧正月まで使うか。って、大晦日やること山積みにしたままだよぉ。さあ次。
[PR]
by tararankeiko | 2012-12-31 12:02 | Trackback | Comments(0)
 いよいよ年の瀬。
大掃除がひと区切りしたら、年賀状をしたためる・・・そんな方もいるのでは。

 この夏に、父が89歳で旅立ちましたので、
私事としては、新年のご挨拶を失礼いたします。
 でも、皆様からの年賀状でその近況を知るのは、新年の大きな楽しみ、
今年も変わらずお待ちしています。

 年賀状を書くのも大掃除も、今年を振り返り、来年の計画を立てる良い機会。
というより、子供の時には意気揚々と、今年はあれをするこんなふうに(上達)する、と
書き、来年の立派な自分を想像して部屋の整理などしていたような気がします。

 だんだん多くなる、
今年も やらなかった、できなかった、言うだけだった、
    出かけなかった、会わなかった、見逃した、サボった

・・・トホホ

 例えば 楽器が弾けるようになりたい。舞台でもそれを活かせ面白いことをやろう。

ピアノは子供の頃数年と大学の授業(小学校教材研究・音楽)やサークルの児童劇の伴奏に必要で
大学に自由に弾けるピアノがあったので練習していました。が今やそんな場もピアノが置ける住まいでもなく・・・。

では、と始めた三味線。ピアノほどは高価でなく手に入り、置く場所もとらない。
義太夫に興味を持って自分でも少し稽古に行くようになってから、
「語りと三味線」のあ・うんの関係に感心したことも大きく
自分で弾くなら長唄三味線かなと習い始めましたが。今は・・・ご近所の方々がご存知でしょう。
ただ教えていただいた先生には惹かれ、演奏会でいろいろな曲や演奏に触れ、
大変刺激をいただきました。このままご縁を途切れさせくない。
では?

そう、形を変えてやりたかった夢がひとつかないつつあります来春公演にその守啓伊子先生に出演いただき、私の動きまわる語りと三味線のコラボを
お楽しみいただきます。
 どこにどんな曲を入れるかの相談が面白い。
「のんびりのどかでお願いします」「テキパキ働く様子で」 などと勝手なことをお伝えすると
「ではこんなのは?」 とすぐ弾いてくださる。

f0213787_1401585.jpg

聴いているのは私一人。なんちゅう贅沢な稽古

形を変えて実現させるのも、「あり」にして
停滞するよりは進んでいくこととします。
P.S.来年は私自身もどこかで演奏披露しますよ!

守啓伊子氏 演奏動画 を見つけました。
[PR]
by tararankeiko | 2012-12-29 13:42 | ただ、いま(多田の今この時) | Trackback | Comments(0)
 一昨年まで毎年毎年素晴らしく美しい絵画カレンダーをある仕事先からもらっていた。
昨年は来なかった。ほかのもらいもののカレンダーも好きなものがなかったので、
とうとう仕事部屋はカレンダーなしで過ごしてしまった。
居間にある家族がめいめい自分の欄に予定を書き込むカレンダーがあるので
まあいいやにしてしまった。
でもまあ「良く」はなかった。

 これまで私はカレンダーを自分で買う人はお金持ちか
もったいないことをゲンを担いでする人
…のように思っていたような気がする。

 今年はこのカレンダーを買った。
福祉生活クラブ生協から、毎年購入案内がくる国際協力の名目で作られたカレンダー。
協力目的だから中身は期待してはいけないかのように思っていたが、
今回は紹介チラシの写真の子供の目と背景の海が吸い込まれそうに澄んでいるのに
とても心惹かれた。

届いたカレンダーの表紙は期待以上だった。
弾む気持ちでめくっていると新しい年が楽しみになってきた。 年を重ねるのが嬉しくなくなってきたこの頃の私としては、珍しい出来事!?

来年のカレンダーをまだ手に入れてない方に、お勧めします。
地球の木カレンダー2013「大地にうたう 
世界の子供たちがオーラを放つ写真14点(写真撮影:長倉洋海 )が素晴らしい。
過酷な、でも美しい自然とこどもたちの瞳に見つめられると、
からだの奥から元気が出てくる気がします。

この写真より本物のほうがずっーと吸引力がある。
目から心が吸い込まれて浄化する感じ。そんな感じ。

なんと今年は100均でしかカレンダーを買わなかった家族が
ポーラ美術館で観た藤田嗣治があまりに良かったので、
秋からレオナードフジタの子供の職人を描いたタイル画のカレンダーも
トイレにスタンバッているのだ。
秋にはこんな早うから急からしくやめてよ(`Δ´)!
と思っていたが、表紙があまりにも美的で
トイレに入るたび、ちょっと来年はおしゃれに生きたいもんだ
などとも思ってしまう。
カレンダーって面白い。

どちら様もカレンダーが届いたら、
1月31日から2月2日には「ただ、独り」観劇のマークを付けていただければ私は
嬉しいです。
f0213787_1632031.jpg

f0213787_12361861.jpg

[PR]
by tararankeiko | 2012-12-29 12:26 | ただ、いま(多田の今この時) | Trackback | Comments(0)
かもだる田で毎回、そして次回の「ただ、独り」でもお世話になる舞台監督の森下紀彦さんが、「陸前高田でいろんな公演をしよう会」を立ち上げました。いよいよ今日から、東京での公演でが始まります。
12月17日 コントの日「コントで笑う」
  出演/だるま食堂,阿佐ヶ谷姉妹,THE GEESE

12月18日 リーディングの日「朗読で考える」
  出演/大鷹明良,近藤裕子(三条会),ぼくもとさきこ(ペンギンブルペイルパイルス),
      町田マリー(毛皮族),高見亮子(かもねぎショット)

12月19日 パントマイムの日「マイムで感動する」
  出演/山本光洋

会場/下北沢 ザ・スズナリ
19:30開演
前売り・当日 5000円(陸前高田公演へのカンパ含む) 学生4000円 ★お得情報が下部にあります。

f0213787_346597.jpg

かもねぎショットのブログにチケットのお得情報があります。
お金はないけどないなりに応援したいという方は必見です。
だるま食堂と山本光洋さんのステージのエンターテイメントの高さは
もう言うまでもありません。高見さんの初朗読も、ぜひ。
[PR]
by tararankeiko | 2012-12-17 03:55 | ただ、いま(多田の今この時) | Trackback | Comments(0)

ふりかえり、そして前へ

トライアウトを終えて、本公演へ向かっている。
1月31日が初日、2月1,2日と六本木ストライプスペースでやりますよ!
トライアウト終了後、観ていただいた方々からいただいたご感想やご意見を胸にいざっ。
なかなか進みが見えにくいと思いますが、鋭意準備中です。
 トライアウトでご好評いただいたので、強気でいるうちに
絶対面白いからお見逃しなく!!と言っておこう。
どうか来年のスケジュール帳に書き込んでください。
もう鬼さえ笑わないこの時期です。お願い。


トライアウト終演後のスナップは、
ゴージャスなご意見やアイデアの宝を惜しげなくいただいた、だるま食堂のメンバーと。
そして歳下なのに「お母さ~ん」と「お姉さあん」と行ってしまいそうになるひとみさんとまゆみさん。受付や票券ほかもろもろ頼りきってしまった。ありがとうございます。
f0213787_4133662.jpg
f0213787_4134792.jpg
f0213787_414081.jpg

[PR]
by tararankeiko | 2012-12-15 04:10 | ただ、いま(多田の今この時) | Trackback | Comments(1)

髪から劇場の匂いがした

 今、もう寝ようと束ねた髪をほどいたら、髪の毛からテルプシコールの匂いがした。
テルプシコールとは、かもねぎショットの公演や第1回「ただ、独り」の会場として
お世話になった中野にあるダンスやパフォーマンスの空間だ。
小さく静かだけれど何とも言えない有機的な気配がする。
大野一雄さんもここで踊った、顔のある空間である。
 今朝はテルプシコールに、仕込みのお手伝いに行った。
黒沢美香氏のダンスソロが明日から始まるのである。

今日はその後、マルイの2階の落ち着けるベンチに長居してメール打ちや電話連絡をし、
そこから次の公演の会場候補であるギャラリー下見に六本木に行き、
最後は竹本越孝先生の義太夫教室に上野広小路亭へ行った。

でも髪からはただ、テルプシシコールの匂いがした。
今日はいくつも出会いがあった。
それらもテルプシシコールの引合せのように思えることろもあった。
髪を掴んで鼻から大きく息を吸い、髪の匂いをまたかぐ。

舞踊(演技)の女神テルプシコール。
その名をつ冠したこの劇場の匂いが髪についているのが、嬉しくて
何度も鼻に髪を押し付けては、深呼吸する
[PR]
by tararankeiko | 2012-12-04 02:24 | ただ、いま(多田の今この時) | Trackback | Comments(0)

劇・語り・歌・おいしい物を作り味わう記録。コメント待っています!


by タララン