<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


5月に、マルセ太郎作の「イカイノ物語」に出演します。

マルセ太郎氏と言えば「スクリーンのない映画館」と言われる
映画を一人で語りのみで再現する話芸や
猿などの動物形態模写で有名な方ですが、
亡くなる前の数年間に8本の優れた戯曲と舞台を残されています。

今回私が参加する「イカイノ物語」は、その中でも
マルセさんの自伝的な傑作喜劇として初演以来人気の演目です。
f0213787_050275.jpg

これがマルセ太郎氏

氏が亡くなってからは、それまでのキャスト・スタッフの多くが参加する
コメディ オン ザ ボードが上演を続けています。

私は今までこの劇団の公演を観劇すると
話と役者の面白さ、達者さ、濃厚さに ぼおお~とし、
自分もその舞台にたってみたいなと思っていました。
演出はテアトル・エコーほかミュージカルでも
手腕を発揮される永井寛孝さん。

突然電話でお話をいただいたときは 本当に嬉しかった070.gif069.gifです。
マルセ氏がモデルの長男の妻…つまりマルセさんの妻役らしい。→弟の妻に変更しました。
顔合わせに行ったら、キャストが変更していました。
私が関西出身だということで、大阪のイカイノに住む役柄になりました。
つまりマルセさんのお母さんと住んでいた次男の妻役。
酔っては兄と大喧嘩ばかりする弟や姑にも頼りにされる良妻!!
がむばれ私。

f0213787_1413272.jpg


コメディ オン ザ ボード+シアターX(カイ)提携公演VOL,12
     『イカイノ物語』
      作/マルセ太郎   演出/永井寛孝
      
      日時—2014年5月21日(水)〜5月25日(日)
      劇場—両国・シアターX(カイ)
      料金—〈前売〉4,000円、〈当日〉4,500円
         〈日時指定、全席自由〉
      開演時間—5月21日(水)19時.5月22日(木)14時.
         5月23日(金)14時/19時.5月24日(土)14時.
         5月25日(日)14時.
[PR]
by tararankeiko | 2014-03-12 01:15 | 今後の出演情報 | Trackback | Comments(0)
昨日観にいった白井あずささんのパントマイム単独公演に
とても刺激を受けました。
彼女の日ごろの思いや経験?を
いくつかのシーンでオムニバスにつづる作品

刺激といっても「ヒイイー辛いっ」とか「パアーンチ!!」
ではなく
穏やかでじんわり反省や可能性を呼びかけるような刺激

声を発しないパントマイムのみのシーンの
想像力で楽しむ事の豊かさ
『失恋にやけ食いする女』がさんざん食べ散らかした後
相手の男からと思われる電話に出て
男の声はもちろんら彼女の声も聞こえないからこそ
観客は自分の私的な思いに引き寄せてみることが出来る
普遍的な人間の気持ちで共感する

ことばを省いて
伝えるものを増やす、伝わる人を増やす

最近ことばや声に関心が向いているとはいえ
自分から自身への問いかけを感じました。
もっと手法を探る余地あるだろう。努力しようよ

観客として座席にいるときは、
ただただ、白井さんの世界を味わって楽しかったです。
この歳までに通ってきたあったあったそんなころ…を時を旅する思いでした。

若い肌と勢いの日々が薄れる予感のある
そんなお年頃の出来事
切なさと可愛さを

『立て壊された昔住んでいた団地』と
そこに住んでいた少女あずさが登場する作品もありました。
その演目では、その思い出をたんたんとことばで語ってくれました。
幼いあずさ人形との(腹話術ではない)会話もとても自然。

「ここからだ」メンバーでもある白井さん。
ことばの表現も、私たちの心に届きましたよ。


同じ回に客席にいた「ここからだ」メンバーが
もっとうまく紹介している文は こちらhttp://souboukin.blog.fc2.com/の3月8日の記事
[PR]
by tararankeiko | 2014-03-09 19:18 | ただ、いま(多田の今この時) | Trackback | Comments(0)
 2月の発表会にご都合でこられなかった、
ここからだワークメンバーの白井あずささんがソロライブ中です。
f0213787_2212894.jpg

ご本人のイラストやデザインによるチラシが彼女らしい・・・

私がかもねぎショット公演で何度か共演させていただいた
山本光洋さんのお弟子さんで
師匠がマイムの領域を軽々超える
ダンスも台詞も抜群のセンスと実力の持ち主ですから、
彼女の純な表現意欲や、
発声と言葉の広げ方も
からだの「勘」によるものか
なかなかのものです。

でも何より、ピュアな透明感が魅力!
初日に行ったメンバーのすいちゃんから
「笑ったり、せつなくなったり、たくさん心をうごかされ
思わずメールしてしまいました」
とお知らせがありました。


白井あずさ パントマイム
2014年3月7日(金)19:30 / 8日(土)15:30・19:30
(受付は開演の30分前、開場は15分前)

初のパントマイム単独公演
「つむぐ つれづれ わたしの話」
【作・出演・演出】 白井あずさ
【演出協力】 山本光洋
チケット料金(全席自由) 予約 2000円 / 当日 2300円

問い合わせ・予約
4ratamaazuki@gmail.com
★予約はメールのみとなります。 ★返信をもって予約成立とさせていただきます。
*チラシにはこうありますが、当日でもまだお席は十分あるそうです。

会場:plan-B(プランビー)丸の内線『中野富士見町』駅下車7分
東京都中野区弥生町4-26-20
モナーク中野B1
★入り口は中野通り沿い
[PR]
by tararankeiko | 2014-03-08 02:26 | ただ、いま(多田の今この時) | Trackback | Comments(0)

劇・語り・歌・おいしい物を作り味わう記録。コメント待っています!


by タララン