6月3日(土)気持ちの良い晴れの日
ここからだ第4回ここからだ(東京)発表会を行いました。

暑いなか、ご来場の皆さま、ありがとうございました!
心強い助っ人に来てくれた、大川あじさいさん若林さんに、感謝!

ブログで予想した(思った)とおり、
発表者すべて、静かで穏やかでありながらも、熱のある語りでした。

f0213787_18520337.jpg
まず、声が良い。
「お声がみなさま響いて、体に入ってきました」(DJロビーカマタ氏)
でしょう!? 繊細な音作りのDJの感想がうれしい。

そして自分の好きな題材を
楽しみいつくしんだ
 丁寧で、熱心で、上質な語でした。

新しいテキストに取り組みたい移り気なメンバーに(失礼)
何回も練習した題材にしてくださいねと、
しつこくお願いした甲斐がありました



「積み上げた練習を本番に生かし、実を結ばせる」
これって
当たり前のようで、難しい 
ことだけれど
それを目指すしかないな、と感じました。


以前は本番中、やきもきしていた時間が多かった気がしますが
今回は、聞き手として

「ほお」「ふっふ」「うわあ」と
よく知っているはずのテキストなのに、新鮮に味わっていました。
 『そっとうた』『こもりうた』谷川俊太郎 作
f0213787_18561080.jpg
         
『てつがくのライオン』 工藤直子 作
f0213787_19003303.jpg

『 ガウディの伝言 』外尾 悦郎 著  
f0213787_23111974.jpg

『ときどき意味もなくずんずん歩く』 宮田珠己 著
f0213787_19374844.jpg

『 家守綺譚 』 梨木 香歩 作 より 「都わすれ」
f0213787_19090014.jpg

宇治拾遺物語 より『 奇怪な鬼に瘤を除去される 』町田康 訳   
f0213787_19091358.jpg



今回、聞き逃された方・・・次に乞うご期待!
私のやった現代訳「瘤取り爺さん」である『奇怪な鬼に瘤を除去される』は

近日、また披露したいと思います。ブログでの情報をお知らせします。



More
[PR]
# by tararankeiko | 2017-06-07 10:38 | ワークショップ報告 | Trackback | Comments(0)

6月3日(土)は、声(え)ととばをからだで磨く、ここからだ東京の発表会です。


ゆかいな昔話やエッセイ ・大人もとらえる児童文学や詩 

摩訶不思議で心癒される現代小説でお楽しみください。
今回出演メンバーには舞台人がひとりもいない
フツウのひとのフツウじゃない表現力があふれ出す。
作品も派手さはないけれど、味のある佳作ぞろい。


私がやるのは
らくごにもなっている笑い話 『茗荷宿』と

元パンクロッカーで有名な町田町蔵の過激な古典新訳
宇治拾遺物語 より『 奇怪な鬼に瘤を除去される 』町田康
「踊り」についての鬼とおじいさんの会話がかっくいい!

6月3日(土)15:30開演(15:20開場) 
新宿区赤城生涯学習館(東西線神楽坂駅3分) レクリエーション室


《観光ガイド》
☆会場お隣の赤城神社は2020年オリンピックメイン会場設計者がデザインしたモダンな建物
げげげの鬼太郎のお守りも買えるらしい。

☆徒歩1分には老舗の和・洋菓子屋「亀井堂」が神楽坂に構えるパン屋さんあり。
 人気のクリームパンはずっしりぼてりとカスタードクリームが入っています♪
 動物型の人形焼もかわいいくて好き。


[PR]
# by tararankeiko | 2017-06-03 01:01 | 出演報告(舞台写真など) | Trackback | Comments(0)
5月13日(土)は、声(え)ととばをからだで磨く、ここからだ湘南の発表会でした。

当日は、豪雨の予報が出ており、朝はあいにくの空模様が
直前のリハーサルをする別会場の窓から見えています・・・
その荒れた空の様子が、「ネリ(発表会初参加のメンバー)のお話にピッタリですね!」
なんて笑ってしまいました。
そう、豪雨のなか、ライオンの家に雨宿りさせてもらうヤギの話だったのです。
この雨に出かけるのを断念されるお客様もいるのでは、と心配しました。

でも本番前にはあめもあがり、
お客様も集まり、楽しい会となりました。
昨年も来てくださったお客様が何人もいらして、
『リピーター』のいる発表会になったことが嬉しかったです。

日本の昔話やグリム童話た珍しい世界の民話や児童文学、そして有名バレエの物語 を
聞いていただきました。

ご来場くださったお客様、
今回は裏でご協力くださったメンバーの方々、本当にありがとうございました!

アンケートにも、それぞれの個性が生きた上演で楽しかったと、お褒めの言葉をたくさんいただきました。
出演者の皆さん、お疲れ様でした!
日々の暮らしの中で、表現の時間を割り出し、練習した甲斐がありましたね。

私はこの面白さにメンバーにも語ってもらいたい『茗荷宿』と、随筆『私の浅草』をよみました。
茗荷の美味しい季節に、落語にもなっている愉快な話で、笑っていただきました。
f0213787_4252969.jpg



さあ、次は東京メンバーの発表会。

6月3日(土)15:30神楽坂の赤城生涯学習館で開催です。

エッセイや詩や児童。小説を、その人ならでは語りで。
知る人ぞ知る面白い作品ぞろい。

私は町田康氏の新訳で宇治拾遺物語の大人にしかわからない『こぶとり爺さん』を!?
これが「踊りとは何か?」をとても的確に表現する会話があるんです。
ダンサーでもないのに町田氏はなぜこんなことを書くのか。
さすが元パンクロッカー。シビレマス。

そしてまだまだ茗荷の季節なので『茗荷宿』も、聞いていただきます。
ぜひお越しください。




f0213787_4304475.jpg
#IMAGE|f0213787_4304475.jpg|201705/26/87/|mid|1920|1080#]
f0213787_4311722.jpg


f0213787_432081.jpg


f0213787_4324176.jpg

f0213787_4333151.jpg

f0213787_433456.jpg


[PR]
# by tararankeiko | 2017-05-26 04:38 | ワークショップ報告 | Trackback | Comments(1)
 4/29、(土)に、昨年12月に亡くなったダンスの師である黒沢美香さん を 
追悼するイベントに出演しました。

80年代から美香さんと踊って来たダンサーズ「四人娘」と呼ばれた面々が企画してくださいました。
会場は企画空間BAR・スタジオ80(オッタンタ)。 http://studio80.org/
音楽ライブや ダンスイベントでも活用されるショット・バー
私も舞台に立ったことがあるが、
なんというか、とても心が自由になれる、なにをやっても受け入れてくれる
有機的な雰囲気があります。

4月28日は美香さんの誕生日で60歳を迎えるところでした。
そこで、「黒沢美香還暦記念 ー 偲ぶ会」を「60だよ、全員集合」と称し
「出し物 for 美香」を上演したわけです。
穏やかで、ときに猥雑で、常に心のこもった会でした。
まじめかつ破れている、面白い人が集合していて、
いない美香さんを真ん中に、過ごしました。



私の出し物は、ゴッドマザーに捧げる歌メドレー
『恋は野の鳥』(フラメンコなぞなぞと人生相談)
f0213787_481788.jpg


『行かないで』(美香さんとダンサーズ版)
『水に流して』 (美香さんが「涙が出た」とほめてくれた作品)
f0213787_433232.jpg



爆笑と涙と『ブラボー』の声いただきました。
美香さんは喜んでくれたのでしょうか?
発起人の砂山さんの言葉を借りると
『行き場に迷った美香さんへの思慕を集結し、
次の創造力への架け橋をつくれたように感じ』た会でした。

美香さんの写真が飾られた入り口と誕生ケーキ

f0213787_2455295.jpg

f0213787_2462414.jpg

[PR]
# by tararankeiko | 2017-05-02 02:47 | 出演報告(舞台写真など) | Trackback | Comments(0)
うかうかしている間に、時が過ぎてゆきます。
ホームベーカリーが壊れてパンが焼けなくなり
多量に残った強力粉を消費すべく、
スコーンをいろんな種類を実験しつつ焼いている
何してるの!
やらなくてはいけないこと山積みなのに
後始末だけしているうちに、時が過ぎてゆく
時の無駄遣い
逃避行動はやめよう。ね。

大好きな作家、向田邦子さんが
机に向かわねばならないシナリオ締め切り間際ほど、台所に立ち
創作料理をどんどん作っていたそうです。
そんなとこだけ真似てどうする。

スコーンは
パンに入れるはずだったくるみとチョコチップ入りも
写真のアーツグレイ紅茶入りも
f0213787_4262951.jpg


気まぐれに作ったクミンシードと粉チーズいりも
思いのほか美味しくできて
今度は食欲に逃げる・・・。

今日は、我が家のべランダで枯れていた と思ったら復活した
生命力見せ付けるニラに水をやっている間にも
うぐいすがしきりに歌っています。

シャンソン 『時は過ぎてゆく』 歌詞のよう

♪ 眠っている間に  夢見ている間に 
  時は流れ 過ぎてゆく
  子どもの頃は もう夢の中
  時は時は  今も過ぎてゆく・・・ ♪ 
 (訳詩:古賀力)

次の『よせみて』で歌うシャンソン候補も
歌い込んでいない。

声とことばのワーク「ここからだ」でも
子どもさんの受験やご両親の看病で 冬の間お休みしていたメンバーが
ワークの場に帰ってきてくれました。

そして、ただ復帰しただけではありませんでした。

久しぶりのはずなのに、各作品の語りが
『鬼の面』 『だめといわれて引っ込むな』 『エピナンダス』 『胡桃わりのケイト』
どれも とっても味わい深く 豊かになっていて
とっても躍動感がありました。 春の芽吹きのように。

 この主婦たちの言霊の底力 聴かせたい。
[PR]
# by tararankeiko | 2017-03-13 04:27 | ワークショップ報告 | Trackback | Comments(0)

劇・語り・歌・おいしい物を作り味わう記録。コメント待っています!


by タララン