来週なかばの3日間、工藤千夏さん主催のうさぎ庵に初!出演します。
工藤さんは、昨秋と今年5月に私が老女を演じた『真夜中の太陽』の作・演出家。
その作品で出会い、まだ、お互いをそんなに深く知っているわけではない。恋のはじめのような思い込みが存在している?間柄です。
だからこそ出演依頼が来たのだと密かに思っています。

 物語は、子どものころに去っていった父に、捨てられぬ想いを持った三人姉妹が主人公。
共演者の方々が存在感がある方々なので、ついていかなくてはと焦ります。
「ううん説得あるこの声。深い味だなあ」とか「うわっこの視線、現実みたい(=演技を超えたリアル)」と感心ばかりしている場合じゃない。

演技力のバランス=姉妹のバランス とも思われるこの舞台。
頑張って1人分の重量を出していかないと・・・。
弟がいるだけで、姉妹がいない私ですが、「姉妹」って濃くて面白くて面倒な関係ですね。
おかげでまた別の人生を味わっています。ごらんください。

平成22年度(第65回)文化庁芸術祭参加青年団リンク・うさぎ庵Vol.8
『女と女と棺と女』
作・演出 工藤千夏

出演
     羽場睦子
     多田慶子
     天明留理子(青年団)
       ★
     増崎陽介/ピアノ

2010年10月12日(火)〜10月14日(木)
乃木坂COREDO
12日(火)19:30★  
13日(水)19:30★  
14日(木)16:00/19:30

★ 印の終演後、工藤千夏とゲストのポスト・パフォーマンス・トークあり
ゲスト 12日 水下きよし(俳優・演出家/花組芝居) 13日 長島確(ドラマトゥルク)

【会場】
〒107-0052 東京都港区赤坂9-6-41 乃木坂ビルB1
TEL03-3470-2252 (COREDO)
アクセス
千代田線 乃木坂駅二番出口右隣(一番出口正面)
日比谷線・大江戸線 六本木駅より徒歩8分
銀座線 青山一丁目駅より徒歩10分

【料金】
予約3500円    当日3800円
マチネ予約3000円 マチネ当日3300円

【チケット・お問い合わせ】
青年団 03-3469-9107 http://www.seinendan.org(オンライン予約あり)
うさぎ庵 080-1269-6158 usagian.ticket2010@gamil.com


【スタッフ】
音響:藤平美保子
照明プラン:伊藤磬
制作:山藤貴子
宣伝美術:グリフ(工藤規雄+橋本麻由実)
宣伝写真:工藤規雄
総合プロデューサー:平田オリザ
協力:レトル、リベルタ、株式会社T.E.S、渡辺源四郎商店

企画制作:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場
主催:青年団 うさぎ庵





f0213787_19193693.jpg

[PR]
# by tararankeiko | 2010-10-03 18:22 | 今後の出演情報 | Trackback | Comments(0)
無事、幕を下ろしました。
ご来場の皆様、遠く近く見守ってくださった方々に、深く御礼申しあげます。
f0213787_415754.jpg


f0213787_4375318.jpg

f0213787_1230244.jpg


もっと写真を見る!
[PR]
# by tararankeiko | 2010-07-24 18:48 | 出演報告(舞台写真など) | Trackback | Comments(3)

ただ、独りですよ

f0213787_1681332.gif公演 第一弾
いつも、ひとりで~『セゾン・ド・メゾン~メゾン・ド・セゾン』によるモノローグ~

作・演出: 阿藤 智恵
出演: 多田慶子
日時: 7月22日(木)19:00  7月23日(金)14:30 / 19:00
料金: 前売3000円、当日3300円、学生2500円
場所: テルプシコール (中野駅南口下車。改札を出たらすぐ右に曲がり、直進。高円寺方面への線路沿いの道をまっすぐ。歩道橋を過ぎたあたりにテルプシコールはあります。徒歩8分 )

チケット予約受付中 → tada.hitori1@gmail.com
お名前とふりがな、日時と枚数をご連絡ください。

みなさまのお越しをお待ちしております!
__________________________________________________________

f0213787_1681332.gif公演の第一弾は阿藤智恵の書き下ろし。処女作『セゾン・ド・メゾン~メゾン・ド・セゾン』(平成13年度文化庁舞台芸術創作奨励賞佳作)の「女1」※が、十三年の月日を経て、思うさま喋り、思うさま動き出す。  ※初期の原稿では「ハルコ」

f0213787_16162417.jpg多田慶子 TADA KEIKO
兵庫県生まれ。大学寮から体育館とダンス室に通い舞踊教育を学ぶ。 卒業後、前衛劇団早稲田小劇場に入団、国内外の公演に出演する。 退団後、演劇・ダンスの舞台を企画制作するかもねぎショットを創設。 高見亮子作品に10余年出演し続けた後に、メンバーを外れる(現在はフリーで参加)。 また、野田秀樹、木野花、野村万之丞などの演出舞台に主要な役で出演の機会を得る。 最近では、谷山浩子原案・音楽、工藤千夏・演出の『真夏の太陽』で主人公の老女を演じる。 ここ数年は黒沢美香&ダンサーズのメンバーとしても活動。

「多田慶子さんは困った人である」といえば、苦笑いしてうなずく演劇人は多いであろう。 思えば二十代の半ば、人生にもがいていた私が出会った不可思議な存在が多田慶子であった。 その頃のあるかもねぎショット公演のとき、受付を手伝いに来ていた女性が悩める私に、「十年後、あんなふうになりたいと思える人っている?」と訊ね、へどもどした私は反射的に「多田さん」と言い、その女性は心得顔に微笑んで、「じゃ、多田さんにあって、今のあなたにないものは何かな?」と私を希望へ導いてくれようとし、その結果は忘れたが、ともかく私はその瞬間にも「でも多田さんみたいにはなりたくない」と心の中で思っていた。 「憧れ」であり、「ああはなりたくない」女。 多田慶子の誕生日が私の母と同じであることを、私は後から知った。    阿藤 智恵

(「いつも、ひとりで」チラシより)

f0213787_1681332.gif
ただ、独りは、阿藤、工藤、高見の三氏に創作を依頼し、多田慶子が独り舞台に挑むシリーズ。なんて、オソロシク・贅沢な・楽しみ。

チケット申し込み、お問い合わせ:  tada.hitori1@gmail.com
[PR]
# by tararankeiko | 2010-07-17 16:49 | 今後の出演情報 | Trackback | Comments(3)
モッカ、7月公演に向け、走っています。はっはっはっ…。
チラシができた!と思ったら、印刷会社サンのミスで再納品になったり。
三歩進んでなんとやら。負けるもんかっ。

稽古場では自分同士で突っ込んだり、疎ましがったり、素直になったり…
てんやわんや。だって一人芝居なんですから。
阿藤さんが書いた台本は読むと演るとは大違い。ずっと深い、おもしろい、手ごわい。
通っただけだと景色さえ見えないが、掘るとでるでる。

稽古場では宝探しをしているみたい。
嘘つかずにたどるといろいろ見つかります。
「埋めてあったの、気づかなかったの?」と阿藤さんは思っているんだろうなあ。

ああ楽しい、でも苦しい、いや苦いそれも味わい深いような妙な気分。
妙なる気分です。



多田慶子 単独公演≪ただ、独り≫第一弾
いつも、ひとりで~『セゾン・ド・メゾン~メゾン・ド・セゾン』によるモノローグ~
日時:7/22(木)19:00、 7/23(金)14:30 / 19:00
場所:テルプシコール
[PR]
# by tararankeiko | 2010-06-25 13:38 | 今後の出演情報 | Trackback | Comments(0)
f0213787_0285228.gif


ただ、独り舞台

いつも、ひとりで
~『セゾン・ド・メゾン~メゾン・ド・セゾン』によるモノローグ~


作・演出: 阿藤智恵
  
出演: 多田慶子

日時: 7/22(木)19:00、 7/23(金)14:30/19:00

場所:テルプシコール

料金: 前売り3000円 学生2500円 当日3300円  (日時指定・自由席)

ご予約
 メール:tada.hitori1@gmail.com
 ファックス:045-852-3345(7/17土曜までの9時から20時)

※ ご予約の際は、①ご氏名ふりがな)②観劇日時 ③枚数 ④ご連絡先電話番号 ⑤ 学生の方は「学生」と明記ください。

※ 返信をもって予約完了となります。もし1週間たっても当方から返信のない場合はご連絡ください。

※ 小さな会場ですのでなるべくご予約の上お越しください。
[PR]
# by tararankeiko | 2010-06-18 00:52 | 今後の出演情報 | Trackback | Comments(1)

劇・語り・歌・おいしい物を作り味わう記録。コメント待っています!


by タララン