幕をおろしてからもう2週間!
公演直前や最中の時間に比べてうすーい濃度の生活を反省・・・。

 ご覧いただいた方々、本当にありがとうございました!
また優しい、 美味しい、 からだに良い 差し入れもありがとうございました!!

何よりのプレゼント=ご感想の声 をまとめました。
自分でここに発表するのは、気恥ずかしいお言葉もありますが
読むことによって、無い力も出てくるので、掲載させていただきます。


ご感想 
(メール+アンケート)
総評+多田個人について
○全体を通して、女優多田慶子のいろいろな側面が見られて、
おもちゃ箱をひっくり返したようなワクワク感がありました。

演目が違うと、全く違う人に見え、さすがだと思いました!
場の空気もどんどん変わっていき…いいエネルギーが満ちていたと思います。 

○やはり、自分で言葉を探して自分でやるっていうのが、面白いですね。

○やりたいことをやる!というのが良いんだなあ。
f0213787_15175372.jpg

○私の仕事とどこがリンクするか…を考えていたのですが…
自分をいかに使うか、道具にするかという点は共通するのかな。
いいエネルギーをたくさんいただきました。ありがとう。

○たくさん心を動かして、とてもいい時間を過ごしました。

○バラエティ豊かに、笑いあり、涙あり、ダンスあり、
多田さんワールドを存分に体感し楽しみました。

演技や語りやダンス(身体表現)はもちろん、
何よりも胸をうたれたのは語り継ぐこと、ひいては対話の大切さ。このワードが浮かびます
 本日、公演を通して体験したことは僕の中の強いエネジーとして生きていくと思います
自分の消化の仕方にはなるとは思いますが、楽しんだ上に大変に勉強になりました

○素晴らしかったです。
 ほんとうに拝見できてよかったと、満足感いっぱいで帰宅しました。
 プロの力を間近に見て、聞いて、それぞれの語る世界に引き込まれました。
 ドキドキしたり、涙しそうになったり、笑ったり・・・。ほんとうにさすがですね。

○久しぶりに多田ワールドと、変わらぬパワーを堪能し、またも圧倒されました。
いろいろな意味で、達者な方だなと思いました。

○髪をおろして、現代ものを演じている時の多田さんの色気や美しさが、私は好きでした。
 刺激になりました。
○声がとてもいい、黙っているととても綺麗なのに、
 あそこまで出来るのはすごい。

各演目について
「ダンスなご挨拶」
○まずダンスでご挨拶はなるほど! と思いました。
○大好きなこのかなりイカス曲を、オープニングに、選ばれるなんて!
f0213787_15141640.jpg


 『山姥の錦』

○最初の昔話「山姥の錦」から圧倒されました。
山姥と老婆の演じ分けが何よりもお見事でしたが、
また小太鼓が効果的でいい雰囲気を出していましたね。

○おばあさんの人の良さや決意する気持ちなどが
浮き彫りになっていて
いい話だなあと思いました。

鬼の面』
○噺を楽しみました。
 その楽しみのひとつは、前世紀あたりの
 自分達の祖先たる日本人達の考え方とか暮らしとかに
  目の前で活き活きと触れられること。
  (山姥と鬼の面)2話では、多田さんの活写でそれを今日も堪能できました。
     
○鬼の面はやはり動き、体の形は大事なのだなと思い知らされました。
 大八車が見えるようでした。

○少女から旦那までが生き生きと演じられて、
 上方の人情にそのまま包まれるような気が致しました。


<『椅子』<
  一筋縄ではいかないビターテイストな小品ですね。   
  年齢を重ねないとこうはいかない、と感じました。
  ブルブルしてしまうのがどういう事だろう?と
  じっくり考えながら、あとまで味わいたいです。
  「今を語れる人でありたい。」に賛成!
f0213787_15245877.jpg

○椅子はたぶん子どもがいたら泣くことでしょう。怖かったです。
 狂人の役のオファーが来ることでしょう。

○「椅子」の遡った時代をたどる展開も素晴らしかったですし、
何よりもあの発作というか痙攣の動きに息を呑みました。 
「痙攣とは現代に蘇った過去「であり、「痙攣は人生そのもの」ではないか
とすら考えこんでしまいました。

『最後の面会』
○心に葛藤を秘めた女性2人の対話劇は、(多田に)最もしっくりきますね。
市場での回想シーンも雑踏と母の悲喜がこちらに伝わるようでした。
プログラムに入ってくれてて良かったです。
 こういう小説があるんですね・・・
  とても小声になる場面も、、観客全員が水をうったように  
  一言一言に集中して耳をすませていて、密度濃い時間でした。
  主人公の女性も、息子が最後に幸福な気持ちになれた事で   随分救われたんだろうなあ・・・。
 編みあげたセーターというのが象徴的でした。  小説自体、あそこで終わりますか?


○私は、『最後の面会』が一番好きでした。
 深みがあって、受け取る側の展開する余地が広くて、余韻があって…
 賛否分かれるかもしれないけれど。

○お笑いっぽいのも好きだけど、最後の面会のような演目もぜひ出て欲しい。
 情景が目に浮かび、声の使い方分けや間の取り方が良かったと言っています
 ラジオドラマとか向いているのでは。

 『再会~水に流して』
○  シャンソンドラマ、面白いアイディアですね!
  薔薇のポシェットと ベタな2曲目が素敵でした。

○あんなシャンソン、初めて! 役者がやるとああなるのねえ。
 演劇要素が多いとはいえ、考えたら
 シャンソン歌手は、歌手からのアプローチですものね。
 役者で歌う人も結局、歌から入る場合が多いので
 なるほど! と思いました。
f0213787_15154336.jpg

○ シャンソンドラマ、斬新でしたね。
 音源を圧倒してしまうパワーあってこその芸域かと思います。
 楽しかったですね。多田慶子にはシャンソンが良く似合う。


『内緒の話』

○フラフープからどじょうすくい、独特で面白かったです。
 ダンスにはちょっと狭いステージを
 広く使っていて、緊張感がありました。
f0213787_15173024.jpg
f0213787_1523410.jpg


 
 ラブリー恩田さん

○ 『重力』が一番、かなり笑いました。
f0213787_15212524.jpg

○キャラクター作りがしっかりされていて良かったです。
○ひさしぶりになんの屈託もなく心から笑いました。
○マチュピチュの小咄は笑えましたね。
○初めて見ましたが面白いですね。
○マイウエイで、すぐに笑いのオーラを出していて、
あの「くすくす」な雰囲気を作れる体はうらやましいです。
隙だらけの体にするといいのでしょうか?
○良かった。たららんとはまた違う魅力で、出て来ると目が離せない。

会場
あさくさ劇亭
  面白いところですねえ。  あちこちに、こうして個人が作られた場が多く、
  それによってパフォーングアーツが活性化してきたのだし、今もそうである、と
  いうのが、官制のホールが次々に閉館していく昨今、ますます身にしみました。

中ムラサトコーさん
開場と終演後の音楽
かなり気になる音楽ですよね!いいわー。

演出部 照明・音響・スタッフ
○音楽と、照明の使い方が絶妙でした。
(中略)たららんをすごく好きな人が演出しているのだろうなと感じた。

○小さな小屋でのナマの生き生きした公演は、
たくさんのご苦労の結晶、たくさんの協力者の成果でしょうが、ほんとうに素晴らしかったです。
一緒に行った友人も、興奮冷めやらぬ感じで感激していました



[PR]
# by tararankeiko | 2015-11-27 14:43 | 出演報告(舞台写真など) | Trackback | Comments(0)
 13,14日にあさくさ劇亭で開催した「よせみて2」
あたたかい客席に支えていただき、無事幕をおろしました。
ご来場くださったお客さま! 
本当にありがとうございました!
f0213787_1513662.jpg

「再会~水に流して」より

ご都合でお越しいただけなかった方々も、メールやお便りで
応援いただき、ありがとうございました。

舞台写真(=DVD静止画ですが)その① ごらんください。
またご感想と共に写真をアップさせていただきます。
f0213787_15415.jpg

ゲスト ラブリー恩田氏 
f0213787_157873.jpg

「内緒の話」より
[PR]
# by tararankeiko | 2015-11-17 15:08 | 出演報告(舞台写真など) | Trackback | Comments(2)
★追記10月16日★ 「よせみて2」公演の
14(土)14時のペア券は、完売
しました。
★追記11月8日★13(金)のペア券も完売しました。
★追記11月10日★一般前売はございます。
14日(土)は残席わずかです。
13(金)はお席に余裕がございます。

f0213787_8361077.jpg
ただ、独り』2015年秋公演を、
来る11月に開催します。 

よせみてシリーズ第2弾!
『よせみて』という企画は多田が独りながら≪寄席≫のようにいろいろやります。
「よせあつめ?!、みてえ」「よせよ、そんなこと」。「寄席?!観ていっ」 
という催しです。

この記事の写真は、前回≪ただ、独り≫公演~よせみて~第1弾のときのもの。
守 啓伊子さんの素晴らしい三味線演奏に支えていただきました。
が、ここまでの≪ただ、独り≫は文字通り、わたし「ひとりっきりのバラエティ
でした。

今回は、"「もう独り」をお迎えします。

そのゲストとは・・・
この夏、私も暴れさせてもらったヴァガンザシアターの座長!
「ボレロ」「マジック吉田」などの演目が
独自の笑いで観る人のこころと頭のスキマをついたクラウン!

ラブリー恩田さん

見る人のアホ心をくすぐり、脱力させる。
心からのくだらなさに多方面から感心され・・・
今やいろんな催しに引っ張りだこ!という芸をお楽しみに。

私は第1弾でご好評をいただいた
落語やむかし話を題材にした≪動きまわる語り≫
に加え
シャンソン小芝居
ナンダンス(ナンセンス・ダンス・ムーブメント私が作った造語)も。
物語も甘辛苦いものも組み合わせ
晩秋を飾りたいと思います。
ぜひお越しください。


会場:あさくさ劇亭 (地図
銀座線 『田原町』徒歩6分、『浅草』10分 /つくばエクスプレス『浅草』4分
ブログhttp://asakusaenko.blog51.fc2.com/

日時:11月13(金)19時
       14(土)14時  
 

✿前売  2500円   ✿当日  2800円 
✿ペア券 4500円  (同じ回をご覧の二名様、各回先着5組)


 070.gifご予約はこちら071.giftada.hitori1@gmail.com *ご来場前日まで! 
fax045-852-3345 *11月10日迄! 
*お名前、チケット種類、枚数、ご連絡先を明記の上、件名を「チケット予約」でお送りください。
 返信を持って予約の完了となります。万一、返信が届かない場合はご連絡ください。

f0213787_8143670.jpg

f0213787_8283245.jpg

[PR]
# by tararankeiko | 2015-11-12 00:55 | 今後の出演情報 | Trackback | Comments(0)

黒沢美香&ダンサーズのスタジオ公演
『第14回家内工場~綱島東1丁目銀座』に
お越しくださった皆様
大変ありがとうございました。

観客の方のアンケートの「印象に残ったもの」に
私がやった『昭和のバスガイドさん』や「小芝居(ドラマ)のダンス」がいくつか
あがり、とてもうれしかったです。

さて、お次は
久々のソロ『ただ、独り』秋公演
この『小芝居のダンス』も登場するかも?!

まもなくです。

各回5組限定のペアチケットは、両日とも売り切れました。
が、
劇亭さまが提携してくださっているので、
一般券も@2500円 と 低額に抑えました。
しかも、ゲストラブリー恩田さんの出演もある!
お見逃しなく。

金曜のほうがお席に余裕がございます。

ただいま、演目を絞る
 という、私の性格上非常に難しいことをしています。
捨てたとしても、大好きな作品なので
近々どこかでやりたいと思います。
[PR]
# by tararankeiko | 2015-11-09 01:58 | 今後の出演情報 | Trackback | Comments(0)
よせみて2 公演の前売り券を発売中です。

人数限定のペア券は
14(土)14時の回は、完売しました。
13(金)19時はまだ少しございます。

観劇後の楽しみも多い浅草・・・。
ペアは男女に限りません。 
兄弟、姉妹、親子、同僚・・・
気の合う方、あるいは気が合うといいなあと思っている方を
お誘いあわせのうえ、お越しください。
[PR]
# by tararankeiko | 2015-10-17 13:38 | 今後の出演情報 | Trackback | Comments(0)

劇・語り・歌・おいしい物を作り味わう記録。コメント待っています!


by タララン