2014年 12月 22日 ( 1 )

※写真を追加しました。12月27日。
  
風邪のシーズン。 私には、美味しい風邪対策があります。
「かかったかな?」思ったら、即これ!
大根湯(だいこんとう)」



身近な材料で簡単に作れ、美味し~い。
いってみれば「高級野菜だし」なので予防に飲も!と
かかっていなくても便乗飲みしています。
私はこれでもう何年も(10年以上かも)、風邪が重症化したことがありません。

 大森英桜氏(マクロビオティックの理論的大家)の食事療法
による作り方を紹介しますね。

材料:大根の輪切り2枚、
    れんこんの輪切り2枚、
    干し椎茸大3個、
    水カップ3、しょうゆ少々、

作り方:大根、蓮根、干し椎茸、水を鍋に入れて火にかけ、
汁がカップ2ぐらいになるまで煮詰める。
器に移してしょうゆをたらし薄味をつけ、熱いうちに飲む。
私は胃のすいている食前や就寝前に飲みます。

f0213787_041125.jpg

  追加記事:
  大根湯出来上がりの図。 
  鍋のなかの出来上がった薄い琥珀色の大根湯と
  そこに浮かぶ役目を果たした野菜たちを撮影。
  今回は「三浦大根」で直径約12cmだったので、1枚。
  干し椎茸は小さかったので4枚くらい入っています。
  22日にアップしたら、さっそく作って飲んでくださったかたも!

煮詰めている20分の間に、鍋からの湯気で
台所が滋養に満ちたい~い香りになります。
料亭の厨房ってこんな匂いだろうな・・・と思わせる匂い。
醤油が美味しいもの(なるべく新鮮な香りのよいもの)だと、
本当に美味しい。風邪でなくても飲みたくなります。
冷めたら電子レンジで暖めて、あまったら鍋物や味噌汁に入れています。

*風邪対策の大根湯には、大根おろしやその汁と生姜おろしを使うものもあるそうです。

私は大根・蓮根の厚さは1,5センチくらい
蓮根は節のところに力があると聞いたのでそこを使い
中火以下の火加減でじっくり養分を出し、
20分くらいで3分の2の量になるようにしています。
[PR]
by tararankeiko | 2014-12-22 23:11 | 「う」の引出(う=旨い) | Trackback | Comments(0)

劇・語り・歌・おいしい物を作り味わう記録。コメント待っています!


by タララン