<   2018年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

かもだる田の過去の公演はこのブログの
公演報告169.pngもご覧になれます。



今回の会場は、前回と違う、東洋館ですので、お間違いなく。
正式名称が 東洋館浅草フランス座演芸場
           l※このサイトの「初めての方へ」がわたしにはオモシロイ

会場名を言うとえっ東洋館で!フランス座で!と
何人かが驚きの声を。

そうビートたけしの故郷と思いわれる、劇場。
昼は大好きな「ナイツ」やもちろん我らがかもだる田メンバー
だるま食堂さんなどなど、お笑い界のツワモノが集い、
お正月だけでなく
年中賑わうあの演芸場です。


当日も昼の興行は行われ、その熱も残る場で

「かもだる田バラエチー」で暴れたいと思います。

8回したまち演劇祭in台東 応援部presentsnight★

かもだる田「花の精~フフの日~」
2018
22日(金)

開場1830。開演1900。全席自由
前売2,000円 当日2,500
会場/浅草 東洋館


ただ、独りでのご予約受付(期間限定)
期限 115()1700まで

送り先 tada.hitori1@gmail.com

お名前、連絡先(電話番号・メールアドレス)、枚数をお知らせください。
チケットはすべて当日受付精算とさせていただきます。
確認のためにメールで返信をいたします。
 116日までに返信がない場合は再度、ご連絡ください。

116日以降のご予約とご購入は、

チラシの裏面または

リンクページをご覧ください! ※したまち演劇祭 かもだる田関連記事 (外部サイト)



http://tadahitori.exblog.jp/15836394/
[PR]
by tararankeiko | 2018-01-09 16:20 | 今後の出演情報 | Trackback | Comments(0)
今年の私の舞台は

新春2月2日、浅草 東洋館から始まります、


人気があるのに数年に一度しか行わないユニット「かもだる田」の

舞台が揺れるほど!?笑いに満ちたライブです。


かもだる田」とは、

演劇集団「かもねぎショット」と

コントの「だるま食堂」と、

私多

合同公演を打つときのユニット名。


前身の「かもだる合成企画」公演を含め、

これまで3回タッグを組み、大好評をいただいてきました。
今回は、第8回したまち演劇祭in台東の企画で、

演劇祭の「応援部」の皆さまの投票により、選ばれ招かれました。173.png


一夜限りの公演なうえに客席が少ないので、

お早目のご予約をお願いいたします。 



f0213787_02474558.jpg

8回したまち演劇祭in台東 応援部presentsnight★

かもだる田「花の精~フフの日~」
2018
22日(金)

開場1830。開演1900。全席自由
前売2,000円 当日2,500
会場/浅草 東洋館


ただ、独りでのご予約受付(期間限定)
期限 115()1700まで

送り先 tada.hitori1@gmail.com

お名前、連絡先(電話番号・メールアドレス)、枚数をお知らせください。
確認のためにメールで返信をいたします。
 116日までに返信がない場合は再度、ご連絡ください。

116日以降のご予約とご購入は、

チラシの裏面または

リンクページをご覧ください! ※したまち演劇祭 かもだる田関連記事 (外部サイト)



[PR]
by tararankeiko | 2018-01-08 03:07 | 今後の出演情報 | Trackback | Comments(0)
 2018年が始まりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

 2017年の終わりは、12月29日、30日の黒沢美香追悼企画《美香さんありがとう》
ダンス作品集《ダンス☆ショー》への出演でした。
この企画の最後の演目は、美香さんが最後に踏んだ舞台 dー倉庫でたった2日間行われました。

 ご案内を広める前に、ほとんど前売りチケットがなくなり
観ていただきたい方に、お知らせをするのがはばかられる状態となりました。
 ご来場いただいた方、本当にありがとうございました。
 また、ほんの少しの当日券を求めて、寒空を並んでくださった方々、
公演をお気にかけてくださった方、ありがとうございました。

観れなかった方が多いのは残念ですが、
どのステージも客席からのまなざしが本当にあったかくあったかく感じました。
いくつもの小作品をつなげての「ダンス☆ショー」なのですが、
2日目は一つの作品が終わるたびに拍手が起こり、踊りが運ばれていきました。

 公演は準備・稽古・本番と、主なき「黒沢美香&ダンサーズ」のメンバーによって運営されました。
今回、私は大きな働きはしなかったので、何から何まで支えられ、世話になりっぱなし。
このグループの底力を感じました。

 企画への想いも、稽古場での踊りの出来への感じ方も、美香さんから学んだことも
実は、個人個人いろいろ。同じではないし、予定調和を嫌った美香さんです。
互いにしんどい時も多々あったと思います。
何度も自分の「ヘタレ」を嫌になるほど感じました。
幕が下りるまで、私が皆がその場に居られたことが当然のようで、とても稀なことでした。

スタッフはもちろん、新旧のダンサーズの本当に多く人の
数えきれない支えによって、幕が上がり降りた。
そして各人を支えているのは、
「一人一人が美香さんとの過ごした時間(やりとり)の記憶
なのだと思います。

さて、そんなドタバタ年末・・・今年は大掃除も、おせちも無理!無理!
無理はしない!と決めていましたが、やっぱり縁起を担いで(=他力本願で?)良い年にしたくなり
圧力鍋で黒豆炊いて、田作り代わりの「にぼナッツ(煮干し×ナッツ)」や大根とサーモンで紅白にして・・・
2018年のおせち料理が完成。
f0213787_22173083.jpg
皆さんのこの一年間が、健やかで楽しい日々となりますように
心から念じています。



 


[PR]
by tararankeiko | 2018-01-04 01:32 | ただ、いま(多田の今この時) | Trackback | Comments(0)

劇・語り・歌・おいしい物を作り味わう記録。コメント待っています!


by タララン